理想的な戸建の空間づくり

戸建というのは、建て方を工夫することで、広く感じることができたり、開放感や清潔感に違いが出てきますので、色々なことに気をつけながら建てることが大切です。

立地が気に入ったけれど土地が狭いというのは、戸建を建てる時によくある悩みですが、縦に長く建てることができれば、不自由なく生活できるものです。そして、室内の造りをスキップフロアにして、メリハリのある形で空間を確保すると使い勝手が良いですし、空間的に広さも感じます。
ポイントとなるのは高低差で、ちょっとした段差を設けることでも空間が広く感じるものです。
室内の空間を使い分ける時には、間仕切りを設けるのが定番ですが、それを設けず段差をつけることでも空間の使い分けは可能です。この場合、圧迫感がなく開放感を得られるようにもなります。



ちなみに、戸建を建てる人の中には、室内からの景色を重視するという人もいるでしょう。

戸建にまつわる情報をまとめています。

外を眺めた時に、余計な物が視界に入ってくると興ざめです。



そうならないように、外壁部分を工夫して、目隠しできる構造にするといった手があります。できるだけ自然な形でそのようにできれば、建物の美観を損なうことなく、素敵な眺めを楽しめるようになります。

室内においては、階段の設け方によって印象が随分と変わってくるものです。
直線タイプやUターンタイプ、螺旋など階段にはバリエーションがいくつもありますから、チェックしていると夢が広がって楽しいものです。