戸建て住宅には種類があります

戸建て住宅にも種類があります。

分譲住宅、建売住宅、中古住宅、注文住宅もあります。



それぞれ好みによって選ぶことになりますが、予算によっても決まってきますし住宅環境で決められることもあります。

最大限に家づくりにこだわるのであれば注文住宅を選ぶべきです。
最近は注文住宅も規格が決まっており、すべてをオーダーメードで素材から選べるといった造り方は難しいようです。

ハウスメーカーの展示場で現物をみても、イメージは湧いてきますが現実は建売住宅とあまり変わりません。


分譲住宅は、開発によって土地を区切って何軒かの住宅を売り出す形式です。

建売住宅も最近は、建築前に販売を始めます。


土地購入にあたっても、建築条件付き売買という建築業者を指定される形式が多くなっています。

その場合には、売出し前に建物が指定されることになり思い通りの建物を建てることはできません。
戸建てで、オーダーメードの住宅にこだわるなら、先に土地を取得するか親などに提供を受けることが必要です。

この場合には、じっくりと建築士の人主導で設計を頼むことができます。

但し、最近は資材を共同購入するので、ローコストの住宅を建てることができます。


木材もプレカットされた現場で組み立てるだけといった住宅が主流です。

なぜかというと、建築現場で大工さんがいらない住宅が多くなっているからです。



クレーンで組み立てる形式の住宅も増えています。

そのため、注文住宅にこだわるとはるかに予算がオーバーすることにもなりかねません。

戸建て住宅は、色々なパターンがあってどれを選ぶかは何を重視するかによっても違います。



住宅の居住環境だけは、家族の要望もとりいれながら慎重に選ぶべきです。現実には、子どもの学区や利便性が選ぶポイントになっています。