戸建は植栽や光の美しさでも魅力をアップさせられる

新築で戸建を手に入れる場合には、家の中だけでなく、外壁や屋根などを自分の好みのデザインにできるという良さがあります。

窓やドアなどの細かな部分も設定が可能ですから、理想の住まいを手に入れることができます。

こういった自由なスタイルでの家づくりが戸建の面白さですが、建物以外の部分においても自分の考えを反映させられるという良さがあります。

戸建では、建物とフェンスや塀の間にスペースが設けられているのが一般的ですが、これによって植栽を設けることができるのです。



住まいのデザインというと建物部分に意識がいきがちですが、建物と合う植栽を設けるというのも家づくりの醍醐味の1つです。植栽を設けないにしても自分の好きな花を咲かせたり、野菜を育てたりして、美しさや明るさ、かわいらしさを演出することができます。

こういった幅広い楽しみ方ができるのも戸建生活の良いところです。



また、光による空間演出も面白いものです。夜になって家の中から漏れてくるオレンジの光が、アーティスティックな雰囲気を漂わせることがあります。



その他、オシャレな外灯を設けて、雰囲気を良くすることもできます。

手間を惜しまなければ、イルミネーションで住まいを照らすということもできます。マンションで生活している場合には、やるにしても規模の小さなものになりがちですが、戸建の場合には広い範囲に飾ることができますから、思う存分光の美しさを楽しむことが可能です。