戸建の価格と特徴について

戸建の家に憧れている人は多いと思いますが、戸建の家を買うとなると人生で最も大きな買い物をするということになります。


戸建は、建売住宅や注文住宅、中古など様々な選択肢があります。



購入する家の種類によってメリットや価格は大き異なってくるため、自分に合ったものを選んでいくことが重要です。
建売住宅は、購入価格が明示された間取りや設備、使用があらかじめ決まっている住宅のことを言います。



そのため仕上がりがイメージしやすく、生活の想像もしやすいという特徴があります。
コストの面では注文住宅よりも割安になる傾向がああり、土地と住宅を一緒に販売するため短期間で入居できるというメリットもあります。


ただし、デメリットとして自由度はなく、完成しているものを購入するときには建築過程が見られないため材質や工事方法などを見ることは難しいということが挙げられます。


注文住宅は、ハウスメーカーなどに設計を依頼して施工会社に建築してもらう住宅です。
様々な方法で依頼することができますが、法律に定められている内では間取りや工法、内装や外装を自由に選ぶことができ、家ができるプロセスを見ながら、希望通りの住宅を作ることができるということが特徴としてあげられます。

ただし、こだわりすぎて予算を超えてしまったり、1から作るため入居まで時間がかかるなどのデメリットもあります。


戸建の価格は、建売か注文かなどで大きく変わります。



また、中古の場合はリフォーム費用などが必要です。