腸閉塞を未然に防ごう|乳酸菌で阻止できる

医者

受診のメリット

先生

伊丹市内の内科では、症状によって、病院を使い分けてみるのもいいでしょう。また自分の健康状態を確認するためにも定期的な健康を診断をしてみるといいです。そうすることで、何かあっても、病気の悪化を防ぐことができます。

Read More

疲労が続いて苦しいときは

先生

原因のよくわからない疲労がずっと続いているようなときは、世田谷区の内科で相談してみるとよいでしょう。世田谷区の内科では血液検査などを行い、その結果、ほかの科の病院の受診が望ましいという診断に至ったときには世田谷区の心療内科等に紹介してもらうことも可能です。

Read More

脚の静脈弁の病気

女性

脚の静脈の逆流防止弁が壊れ、血液が溜まってできるのが下肢静脈瘤です。従来は血管を縛ったり引き抜いたりする手術が行なわれましたが、最近では患者への負担が少ない高周波治療やレーザー治療などが普及しています。

Read More

若い人でもかかる症状

病気にならないためにも、普段から気をつけておいたほうが良いですよ。腸閉塞の原因や治療法が知りたいならこちら。

医者

腸閉塞は一度発症すると、病院で治療しない限り快方に向かわないです。そのため、腸閉塞にならない生活習慣を身につけることが大事です。腸閉塞を予防するのに最も大事なのは、食事でよく噛む習慣をつけることです。昨今では、仕事の忙しさであまり良く噛まずに食べる人が多いです。しかし、一気に食べると食品が良く消化されず、腸で詰まる可能性が高まります。なので、ゆっくりとよく噛んで食事していくことが予防で効果的です。それと、重度の便秘によっても腸閉塞が引き起こされます。なので、ヨーグルトなどの乳酸菌が含まれた食品を摂ることも大事です。乳酸菌は、腸内の悪玉菌の増殖を抑えて、腸の動きを高める働きが有ります。なので、こまめに摂取すると良いです。

腸閉塞は、若い人でもかかるといわれている病気です。この病気は、食べ物や消化液が小腸や大腸で滞ってしまうものです。腸閉塞になる主な要因は、腸管を支配する神経の障害で腸に運動障害が起こるからです。腸閉塞になると、個人によって様々な症状が起こります。まず、腸内に内容物が溜まる事で、腹部にけいれん性の痛みが生じます。痛みの特徴は、強い痛みと弱い痛みが交互に繰り返していきます。その他にも、肛門から排出されない腸の内容物が逆流することから、吐き気や嘔吐が起こります。それと、腸閉塞の種類によっては、頻脈や発熱、または脱水症状が見られ、人によっては尿量の減少などの症状も見られます。そのまま放置すると、死を招く危険性も有ります。したがって、すぐに病院で治療を受ける事が大事です。